BLOG
2024.6.14 浮気・不倫 浮気をする前に考えたい4つのこと!浮気した後の悲惨な末路とは?

恋人とケンカしたり、マンネリ化したり、恋人との刺激がない関係になると浮気をしたくなる人がいます。恋人にバレなければいいと思って出来心で浮気をしても、最終的に最悪な末路をたどってしまった人もいるのではないでしょうか?

 

浮気をする前に、浮気をした後の自分がどのような状態になるのかをしっかりと考えて、自分の行動を見つめ直す必要がありそうです。

 

それでは、浮気をした人はどのような末路をたどってしまうのでしょうか? 浮気をした人の心理などを見ていきましょう。

 

この記事では、浮気をする前に考えたい4つのことについて徹底解説いたします。

 

この婚活ブログで学べること

✔浮気をする前に考えたいこと

✔浮気した後の心理や状況

✔今の恋人との仲を改善する方法

 

浮気をする前に考えたい4つのこと!浮気した後の悲惨な末路とは?

浮気ダメ

 

恋人とのお付き合いがマンネリ化するなど、前より愛情を感じられなくなり、「他の人と遊んでみようかな」と思うことはありますか? 浮気は、言うまでもなく交際中にはダメなことです。

 

「バレなければ大丈夫」と考える人は多いですが、その甘さが油断となり、取り返しのつかない事態を招きます。後悔しても遅いのが浮気です。動く前に「その後のこと」を正しく見据えてみましょう。

 

1.浮気の「目的」を考える

そもそも、恋人がいながらどうして別の人に意識を向けてしまうのでしょうか?

「愛情が冷めてきて」「前ほど会いたいと思わなくなって」といろいろな言い訳があるかもしれませんが、それなら浮気ではなく「別れる」ことを考えるのが筋で、そうなると「別れるまでは……」と言葉を濁すものです。

 

「別れたいとは思わないが、別の異性とも遊んでみたい」と浮気を考える人の本音は、基本的にパートナーをないがしろにするものです。

「別れる気はなくて浮気をする理由の中には、「他の人はどんな感じなのか知りたい」「新鮮な気持ちを味わいたい」というものですが、恋人が同じことをしたらあなたは許せるでしょうか?

 

浮気の目的は、新しい刺激を得ることです。一方、求めていた刺激が手に入った後はどうなるのでしょうか? 何食わぬ顔で恋人の元に戻れるでしょうか? 実際に「恋人に罪悪感を覚えず一緒にいられる」と話す人は少ないです。

「バレたらどうしよう」という不安はずっと消えず、何も知らないまま笑顔を見せてくれる恋人を見れば胸が苦しくなったり、それは交際が順調であるほど強くなります。

 

今の恋人では得られなかった刺激を別の人で知ってしまえば、本当に愛情を失う場合もあります。浮気の目的を達成しても、恋人と元の状態に戻ったり、幸せな交際が続く可能性は低いのです。

 

2.浮気をした痕跡が残る事実

浮気そのものが失敗するケースも多々あります。知り合いや共通の友人に手が出せないからとマッチングアプリなどで浮気相手を探してみたところ、いざ会ってみたら知り合いだった、ということも実際にあります。

 

気まずい思いをして終わったり、「浮気がバレるかも」と疑惑が生まれたりして、たとえ自分に恋人がいることを隠していたとしても、その事実が消えることはありません。相手の人間関係を把握するのは難しく、自分の言動がどのように伝わるかもわからないものです。

 

浮気は必ず相手がいて成立するので、自分がどれだけ浮気の事実を隠したくても、絶対にバレない保証がないのが現実です。浮気は必ず痕跡が残ります。実際、浮気にいたらなかったとしても、後ろめたいことをした自分だけが残ると心得ましょう。

 

3.浮気した後はどうなるのか?

浮気に走ろうとするほとんどの人が、浮気した後までは深くは考えません。新しい刺激を得るのが浮気の目的なので、それを達成して恋人ともまた楽しく過ごせることを疑わないのです。

 

浮気をした自分に恋人は気づかないのが前提で、自分もまた改めて恋人を大事にする、と都合よく思う人は多いですが、実際はバレて別れを切り出されたなど、ネガティブな結末もたくさんあります。

 

浮気は二人の仲を悪くする傷にしかならず、その後、より幸せな関係を築くのは難しいものです。心に恋人以外の異性を受け入れるのは、遊びであっても純粋とはいえません。恋人に嘘をついて浮気相手に会っていたり、浮気相手を優先していた自分を、浮気する前の気持ちに戻すのは不可能です。

 

後ろめたい行動は、結果的にマイナスな感情になることを忘れてはいけません。

 

4.向き合うべきは恋人への気持ち

恋人と上手くいかないとき、安易に浮気で気晴らしを考えたり、浮気で恋人を傷つける人がいますが、やはりやめるべきです。その姿は不誠実であり、恋人にも自分にも二度と消えない深い傷を残すだけです。

 

恋人との問題を、他人で解消するのは間違っています。浮気したくなるとき、目を向けるべきなのは他人ではなく恋人とのあり方で、問題から逃げるのではなく正しく向き合うのが正解です。

 

マンネリ化で愛情が感じられなくなったら、恋人が今関心を持っているものや、自分が好きなことを打ち明けて共有してみるのも良いでしょう。今までやらなかったことに挑戦するなど、新しい刺激は二人で味わうことが解決への近道です。

 

関係の改善は、二人の努力があってこそ叶うものです。あなたがやるべきことは他人を探すことではなく、二人の状態を見つめ直し、居心地の良い関係を考える方向が健全です。

 

浮気をする前に、まずは自分自身がどうありたいかを冷静に考えてみましょう。二人のつながりをないがしろにする選択より、今より幸せに過ごすにはどうすれば良いかを考える姿勢が、何よりもあなたを幸せにする選択といえます。

 

浮気をすれば事実は二度と消えません。また、浮気相手の暴走など思いもしないトラブルが起こる場合もあり、二人の関係だけでなく自分の価値も落とします。取り返しのつかない事態を嘆いても、浮気した自分の後悔はいつまでも残ります。

 

そうならないように、浮気したあとをしっかりとイメージして冷静さを持ちたいですね。

 

まとめ

浮気をする前に

 

はい、そこのあなた! 浮気をしたらどうなるか考えてみましょう。8個、事例を言ってみてください。

「浮気をする前に考えたい4つのこと!浮気した後の悲惨な末路」はいかがでしたか?

 

いっときの感情でやってしまいそうな浮気ですが、最終的に誰が得することもありません。浮気した後のことを考えると、面倒な事態になることが圧倒的に多いです。

 

それなら、今の恋人と良好な関係を築けるように工夫してみましょう。新しい刺激は、今の恋人でも十分に作れます。誠実に向き合うことで、自分の自己肯定感も上げていきましょうね。

 

あなたの恋愛を『恋愛相談カフェパンダ』が応援しています。

阿部伸太郎
1987年2月8日、大阪府枚方市生まれ。地元は静岡県富士市。
山梨学院大学法学部を卒業後、一部上場のIT企業に就職。恋愛相談が趣味で、恋愛や結婚にまつわる話を数多くうかがう。
独身者や恋愛、結婚に悩む人の助けになろうと、結婚相談所の『ラポールアンカー』を起業。
その後、婚活だけでなく、恋愛や人生全般に困っている人の助けになろうと、『恋愛相談カフェパンダ』を開業。
各地で恋愛、結婚相談を行っている。
結婚は1回。嫁と娘を溺愛している。
尊敬する人は、祖母、嫁、妹。
恋愛相談カフェパンダ

恋愛相談パンダ

ブログランキング
最新記事 カテゴリ